ミチコオノ日記

美術部 書道部の部長の日記

第15話 虹 と ボタン

わたしの名前は

オノミチコ


おはよー世界



って 雨か

急に寒くなった









でも 楽しかったな 文化祭











その場にいる時はごちゃごちゃして
分からないけど


こうやって
少し経つと ゆっくり
込み上げてくる


身体が 今でもあつくなる



中でもダントツだったのが


「スクール ・ファミリーコンサート」

略して 「ファミコン




スクール 入ってないな…




小早川さんと


樽井くんの



こばちゃんと にゃん太




破壊力あったなー



「噛みたくなっちゃうな〜」



わたしが一番好きなとこは


「なっちゃうな〜 」の 次の


「にゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃ」

に入る 手前のあのタメだ





わたしは 「はいっ!」

って思わず言ってしまう



あと 羽田さん と



今田くんの




バレエのお兄さん ・ バレエのお姉さん






最後の曲の「虹のむこう」



たしかに
虹のむこうに連れてってくれそうだった



「きっと跳ねる 明日も跳ねる」



いい歌詞だ


けど


みんな暴れすぎだ

暴動みたいだった


「ハーフの女子にやられた」って
男子がいっぱい保健室に来たらしい



わたしの絵もけっこうみんな見てくれた


思い返したらまた 楽しくなって来ちゃった



これで晴れてたら いい朝なのにな




でもしょうがない




雨の日もあるから
晴れた日が うれしいんだろう




わたしはつくづく日記を始めて
良かったと思った
今日のわたしはこれから




なにを考えるか分からないし
なにをするかも

なにが起きるかも
分からない




でも日記に書かれた
その日は
変更されない

そのままの形で残っている



大関先輩は自分でブログを立ち上げて
絵を載せていた よほど自信があるのか
と思って 聞いたら違った



同じ作品を出来ない様にしているらしい
自分の中で 一回評価を受けた
物を どうしても またやりたく
なってしまう

そんな自分が嫌みたいだ



いけないかなそれ って



わたしは 思ってしまう
毎日水道から出る水の味が変わったら嫌だし


そんなに 変化する事って大事な事かな





あの お惣菜屋さんが毎日違う味がしたら
たぶん私は嫌だし








あの人達の気が変わって
工事を止めてしまったら 大変な事になる








知り合いが毎日変わったら
知り合いとは言えないかもしれない









でも大関先輩は

「変わり続けないといけない 」

みたいなテーマを持っていたんだろうな




わたしは
テーマを持っているだろうか




絵を描いているのは 何故

日記を付けてるのは 何故

学校に行くのは 何故







ひつまぶし




って速攻浮かんだ


…駄目だ…



真面目に考えないとな



あと 5ヶ月もない




とりあえず学校に行こう



行けば


何かあるだろう





そういえば

土さん 結局 文化祭来なかったな




絵を見てもらいたかったんだけどな



わたしのなんか見ないか




土さんは あの後

どこに行ったんだろう




















あれ

今のミラー

何か 映ってた


















































イラッシャイマセ





オトリヒキヲカイシイタシマス











ナイヨウニヘンコウガナイカ






カクニンシテクダサイ










ヨロシケレバ






カクニンボタンヲオシテクダサイ





カクニンボタンヲオシテクダサイ





カクニンボタンヲオシテクダサイ





カクニンボタンヲオシテクダサイ





カクニンボタンヲオシテクダサイ






カクニンボタンヲオシテクダサイ






カクニンボタンヲオシテクダサイ






「 ツチ ママ モウ マテナイワ 」









カクニンボタンヲオシテクダサイ










カクニンボタンヲオシテクダサイ










「 ママ マテナイワ 」












モウ マテナイワ



























































































ナイヨウノオトリヒキヲツヅケマスカ






カクニンボタンヲオシテクダサイ





カクニンボタンヲオシテクダサイ


























カクニンボタンヲオシテクダサイ




カクニンボタンヲオシテクダサイ










ナイヨウヲカクニンイタシマシタ






ドウゾ








オウケトリクダサイ












ゴリヨウ アリガトウゴザイマシタ










学校に着いたら

ティーちゃ から凄い話を聞いた








わたしの芳名帳にコメントを
書いてくれた一年の子が


美術部に入るらしい




わたしの1人部員生活が終わる






























うれしくて
にゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃ
を繰り返した













いい事が わたしに起きている








1人でも頑張って



絵を描いてきたから





それが神様に通じたんだ















なんか分かった気がした

わたしのテーマが










ティーちゃ はわたしが
喜び終わるのを待ってから言った














「それから… 東條も来るぞ」






















nagi1995.hatenadiary.com



nagi1995.hatenadiary.com